闇金からお金を借りてしまった時の対処法

お金を借りる会社は選ばなければいけません。
闇金は貸金業登録も済ませていない、違法な貸金業者です。
一般的な消費者金融だと思われている場合も多いようです。
何の気なしにお金を借りてみたら闇金だった・・・と言うケースです。

 

一般的な消費者金融では、どんなに高くても年利20%程度で貸付が行われています。
ところが、闇金では違法な高金利で貸付が行われていますから年利20%でおさまる事はなく、10日で貸付金額の1割程度を貸付金利として請求してくる所がほとんどです。

 

この計算でいくと、たった10万円借りただけで約3万円の金利を支払わなくてはならないので、元本が減ることはなく、金利さえも支払えなかった場合、元本は右肩上がりで増えていきます。

 

ヤミ金業者の狙いは、元本を減らさず長く返済させることですから、貸付金利だけ支払っていれば悪いようにはしません。
業者との関係に終止符を打ちたいのであれば、弁護士や警察に相談をするのが一番です。
ヤミ金業者は違法な業者ですから、結んだ借入契約は無効になります。

 

弁護士や警察に相談した場合、闇金から脅されるのではないか?
などと思っている方も多いのですが、違法な業者に対しては厳しい罰則が下されますからそのような心配は必要ありません。
ヤミ金業者を利用してしまった方は非常に多いです。
しかし、その多くの方が弁護士や警察に相談をして早期解決を図っています。
プロに頼った方が、確実ですからね。

 

 

闇金を使う場合の状況を考える

消費者金融の増加で最近では多種多様なお金のサービスがあります。
闇金を使うユーザーは実際には難しい状況にある場合が多いです。
その時は闇金でお金を借りて個人の問題を解決しようとします。
基本的に闇金はリスクが大きいので本当に困ったユーザーしか来ないようになっています。

 

闇金でお金を借りたら金利が非常に高くつくというイメージがあります。
実際には消費者金融を超えるリスクがあるシステムが闇金の特徴です。
また、リスクの高い闇金でも借りるユーザーがいるのには理由もあります。
それはお金を他で借りられなくなった人間が闇金を使うようになっているためです。
結果的に借金の最後の手段として存在しているのが闇金です。

 

普通はお金に困ったら手軽な消費者金融を頼ると思います。
その頃はまだ金利も少ないので借金をするリスクも感じないです。
しかし、自分の借金が大きくなっていくと幾つもの金融会社を使うことになります。
そういった多重債務によって借金を断られるケースがあります。
それでもお金を借りたいというなら闇金が残っているという結果です。

 

必然的に闇金を使う人間は生活の面で追い込まれています。
だから闇金でも借りれるというのが一つの意見です。
こういった借金の方法は親族にも関わってくるので利用を考えるのが重要です。

 

 

闇金はイタチごっこですね

私の生活もあまり裕福ではなく現在もカードなどで幾らかをキャッッシングなどもしています。
こうしてカードや大手の金融機関でお金を借りられる人はまだ良いと思いますが、公的の金融でお金を借りれない方はどうしても闇金でお金を借りてしまうと思います。
やはりお金を借りる以上は、それなりに審査などが有りそれに満たさない人は何処へ行っても借りられません。

 

何かの事情でどうしてもお金が必要な時には神にもすがる思いで闇金に手をだすのでしょう。
私の近くにヤミ金でお金を借りている人がいて相談された事があるのですが、返済が相当大変らしいのです。
そのかたは元々、自転車操業でお金を借り手は違うお店に返すと言う様な事をやっています。

 

初めは生活苦で10万円を闇金で借りたらしく、そのお金を返すのに違う所から借りているので金利がどんどん膨らんでいるようです。
最近その人は急に努めていたパートを無断で辞め、家族の人も一緒に居なくなったらしいのです。
恐らく逃げたんだと私は思いました。

 

国もこの様な人を失くす為に、解決法としてお金をむやみに借りられない様にしているみたいですが、かえって規制を強めると今まで借りれていた消費者金融でも、もう借りることが出来なくなり、ついには闇金に手を出すと言った悪循環が生まれると思います。
ヤミ金は潰しても又何処からか違う業者が出てくるので、根本的な解決にはなっていません。
もう少し国は、ちゃんとした施策を考えるべきだと思います。

 

 

闇金は審査にあっさり通りやすい

闇金っでお金を借りてしまうと、その後の人生に大きな影響が出ている例はよく聞くと思います。
多くの人は言うのは、闇金からは絶対にお金を借りてはいけないということです。
ただ、それは分かっていても現実的にお金を借りる必要性があって、かつ会社がそれらしい素振りを見せない場合には、案外気付かずに借りてしまう場合もあります。

 

特に闇金って怖いイメージがあるかもしれませんが、そういう雰囲気を出さずに優しく接してくるところもあります。
闇金であることがばれないようにいしているのでしょうが、借り入れについてもあっさりOKしてくれるところもあり、何だもんだいなさそうじゃん!と思っても、それは注意です。
というのも、例えば多重債務者など、客観的に見て借り入れが難しいとされている人は、普通に審査になかなか通りません。

 

それがあっさりOKなんていうのは、普通の消費者金融じゃ考えられないのです。
そう、考えられるとしたら、闇金じゃないか?と、そこを疑ってみる必要があります。
自分はそう簡単に審査に通らない人間ということを自負しているのに、あっさり借りられそうだと。

 

そういう場合は、そこで承諾しないで、日を置いて冷静に考えてみる必要があります。
闇金の特徴としては、そういう審査の緩さというのもありますから、審査に通るの厳しいだろうと予想していたのに、それがすぐに借りられそうな状況になったときには、闇金を疑ってみましょう。

 

 

闇金の被害にあってしまっても、恐れる必要は無い

貸金業者というのは数あれど、絶対に利用してはいけない貸金業者というのもあります。
それが闇金と呼ばれるタイプの貸金業者で、通常は国に届け出をしないと営業をしていけない事になっている貸金業を、届け出無しで出資法などの限界を超えて貸し付けなどを行う悪徳業者です。
大抵は暴力団組織などがバックにいるため、取り立てなども悪質極まりないものです。

 

闇金業者というのは、大手グループの関連会社であることを装っています。
また違法広告や低金利を提示しておきながら実際には高金利で貸し付けるなどの詐欺行為を行ってきます。
しかし幸いなことに、平成17年の福岡高裁の判例、平成19年の最高裁の判例の二つにおいて、実質『闇金からの借り入れに関しては元金も含めて全て返済の義務は無い』との判決がでています。。
こういったことをしっかりと覚えておいて、督促の電話などがあった場合は、電話の内容を録音していることを伝えた上で警察や弁護士への相談を仄めかすと、以降の取り立てがなくなる解決ケースもあるようです。

 

個人で対応するのは最終手段ですが、もし知らずに闇金に関わってしまった場合、まずは弁護士に相談してしまうことが解決への糸口です。
住所などが判っていれば警察へと通報するといった解決方法も良いでしょう。
闇金に対しては利用者は法的に強い立場にあることをしっかりと理解し、絶対に弱気に出ないことが重要なのです。

 

 

弁護士に相談するときに心がけるべき最も重要なこととは?

弁護士相談、無料と有料があります。
法テラスが3回まで費用が掛からないというのは知っている人はわりと多いかと思います。
ですが、無料なので相談しても大して親身になってはくれなかった、面倒くさそうにされたなどあまりいい印象を持たないといった人の話も聞きます。

 

やはり相手も人間ですので相性もありますし、また正直なところ面倒な案件には関わりたくないと思われたとしても仕方ない部分もあります。
その点、有料の相談の場合はお金をとっているだけあって親身に話を聞いてくれることが多いのですが、これも人によってカラーがあり、自分のやり方で推し進めようと強引な持論を展開する方もいれば、慎重派でじっくり・・・というタイプもいますね。

 

体験談になりますが、知人が離婚調停の間、裁判を見据えて弁護士相談を繰り返していましたのを私は知っています。
何人かピックアップして土曜日のたびにあちこちの事務所へと出かけるわけです。

 

30分5千円ぐらいからというのが大体料金の相場だったようで、これはけっこうな金額だなと私は感じたのですが、弁護士さんも人間です。
時間をオーバーしてなかには1時間ぐらい話をしてくれた方もいたのだそうです。

 

結局、相談する人の性格と弁護士さんの性格が合うのが1番の決め手になることが多いのではないでしょうか。
知人が選んだのは慎重派で、証拠がないと思い切った手段には出ることはできない、別居期間は長ければ長いほどいいなど慎重な意見だったそうです。

 

なかには別居、半年ぐらいでも全然OK的なことを話した方もいたようですが、やはり慎重派な知人は慎重な意見を言う人が良かったみたいですね。
実際に依頼するとなると高額なお金がかかりますので、じっくり選びたいという方には有料の弁護士相談というのは必要不可欠なようです。

 

 

おすすめサイト

 

参考:「弁護士無料相談 電話

 

こちらは、管理人が参考にしているサイトです。
弁護士に相談する際のノウハウやおすすめの法律事務所が多数掲載されています。
興味のある人は訪問してみてください。

更新履歴